2018年03月22日

水とは何かの講演会で感じたこと

3月20日、新潟市のユニゾンプラザで、
  「水とは何かきれいな水がなければ人間は生きていけない
  と題して講演会が開かれました。
主催は、新潟市消費者協会エコライフ部講演会、
講師は 高橋達男氏・新潟産業大学非常勤講師で、
    高橋環境研究所所長。
参加は39人、新津支部から8人会員が貴重な話をお聞きしました。

DSC_0047.jpg
写真 水とは何か、世界の水、水の科学など広く深く、身近な話も加えて話す先生

お話は、地球は水の惑星から始まり、新潟県の水環境、
雪と生産水・生活用水と湧き水など、様々な見地で生活
の水を捕らえた話をされました。

内容は、水がなければ、生きていけない大切な命を繋ぐを水、
科学的に、文化的に水を捕らえ、水の神秘性まで深い見地で
お聞きしました。


私が、一番参考になったのは次のような事でした。

@人間と水がなければ生きていけない

このことから人間の体の水についてです。
@胎児は体重の90%  A新生児は75%
B子供は70%     C成人は60〜65%
D老人は50〜55% 

@水一滴も飲まないと4〜5日で命を落とす。
@水と睡眠が十分であれば、食べ物無しでも
2〜3週間は 生きられる。
@喉の渇き、食欲不振で体重の2%が失われている。
@頭痛・眠気・脱力感などで体重の6%失われている。
@筋肉が痙攣するのは体重の10%失われている。
@意識喪失死に至るは20%失われたとき。


水の摂取量と排泄量

摂取量 食物  1・0L  排泄量 尿  1・5L
    飲み水 1・2      大便  0・1
    代謝水  0.3      汗呼気 0・9
        計2・5L       計2・5L
従って、1日2〜3Lの水が必要で、体液は、
水分の摂取と排泄で、常にバランスが保たれている
と強調されました。

私事ですが、お医者さんが、最低でも1日1.5L以上の水を
摂らないと、体調管理がうまくいかないと言われている
話が漸く詳しく納得できました。


新潟水俣病について、
 昭和電工の廃水が流れ込んだ阿賀野川の魚を食べた市民が、
めまいや、しびれなど訴えた事件は、いまだに尾を引ている。
メチル水銀は、脳の中に蓄積するという。

DSC_0052.jpg

写真 脳に蓄積するメチル水銀のお話

世界には数億人を超える食料・水などで困る途上国
などの人口が多い。

しかし日本は幸い瑞穂の国で、水にめぐまれている。
湧き水も至る所に管理されているが、何より上水道
が完備されている。

今は、水源地など点検され、「おいしい水の条件」が、
厚生省の「おいしい水研究会」の設立で昭和40年代
後半から活動をはじめ、良い成果を上げている。
従って、「東京も水もおいしくなっている」な
ど挙げられ、最後に災害準備水は、水道水をボトルで

管理・更新する方法もお勧めなど更新の細かいアイデア
を話されました。

(以上 水を飲み、水を大切にしましょう! 新津支部からでした)







posted by さつきちゃん at 12:15| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

五泉市のホテルで新津支部新年会

新津支部は、3月14日、五泉市のホテルマリエール
で、2か月遅れの新年会を開き、充実の時間を過した。
参加者は15名で、次年度計画、現況報告などを行い、
ランチコースで、会食会を楽しんだ。
DSC_0028.jpg
写真・飲み物などをいただきながらリラックス会議

H30年の活動計画は、
先ず総会、内容とテーマ・講師などを検討、
昨年に引き続いて介護など、高齢に対応しての
相続問題など、具体的な課題を学び合うことに決めた。

DSC_0035.jpg
写真・学習の具体的な提案をするリーダー会員

続いて、施設などの見学会、お花見会、交流会、
料理教室、講演会、手芸教室、広報など活発な意見交換
で意義深い定例会と新年会を催した。
ランチは、ブドウジュース・アミューズ5点・ポタージュ・
トマトパスタ・ポーク・ライスデザート・コーヒーの
8品コースで 舌鼓を打った。

会食後は、各人それぞれの近況情報を交換した。

会員は・今年の凄い雪で苦労したこと、
・今年は男の生き甲斐探しをしたい(男性会員)。
・海外旅行や雪のない関東方面へ房総のお花畑の
 旅を楽しんだ雪の壁のないことの実感想。
・ゆっくりと断捨離や不要物利用の手芸を
 楽しんだこと。
・物忘れが気になる。
・腰痛対策や健康管理に精進したい。
・今年は教育と教養で生きたい。
(今日行くところがあり、今日用がある)
・孫育てに精進したいや、血糖値を下げたい!などの誓い。
・暮らしの中の断捨離などについて意見交換した。

DSC_0033.jpg


最後に高橋昌子新津支部長は、
 県会長からお話として「寄付金にご協力を」とか又、
仲間を増やす活動などを提案し、「こうして、月1回の顔合わせ
がとても楽しみ!、皆さんと共に賢い消費者活動を続けて行き
ましょう」と閉会のあいさつ。
今年も高橋会長のリーダーシップに期待し、
みんなで楽しく頑張ろうの新年会でした。
             (以上 新津支部からでした。)


続きを読む
posted by さつきちゃん at 22:27| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする