2018年12月12日

資源ごみのペットボトルの出し方について、話題沸騰の新津支部定例会

新津支部は12月12日、平成30年最後の定例会を行った。
参加者は12人と少なかったが、和気合いあいの問題提起
を行った。
PC120357.JPG
写真・2018最後の定例会に参加のメンバー

11月活動の反省は、11月天寿園でエコ部会主催の新潟市交通安全
教室は新津支部長が部会長で内容の濃い講演会であった。

新津支部からの参加は5人と少なかったが、高齢者の安全運転など
暗がりでは反射バンを付けたり、暗がりでも見えやすい服装など
日常の交通マナーなど内容の濃い教室だったと話し合った。

1月の定例会は先ず、新年会で交流、今年の計画を話し合う
スタート日を決めた。

PC120350.JPG

最後に自由検討課題として、ごみの話で会は、盛り上がった。

先ず、ペットボトルのレッテルをはがす機械を5000万円で
導入した話に、まじめにごみを出す協会員は反感を募らせた。

続いて、中国が引き取ってくれなくなったプラごみをこれから
は生産を控えねばならないなどの意見などなど。

PC120351.JPG
写真・自由に意見交換する会員

また、ビン・缶の中身の洗い方についての意見。水を汚さない
ために、溜めた水で洗う方が、水の無駄や、下水の良いのでは

ないかなど、ごみとか公共資源など話題が沸騰した定例会でした。

        (以上  新津支部からでした。)

posted by さつきちゃん at 23:19| 新潟 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする