2017年08月29日

医師と患者のコミュニケーション・病状をうまく伝えるコツ

8月26日、新潟市横越公民館で、
医師と患者のコミュニケーションの講座。

医師にあなたの病状をうまく伝える
コツについて学ぶ。
講師・新潟大学大学院・保健学研究科
保健学博士・内山美枝子教授。

参加者は約50名

主催・新潟気軽に省エネくらぶ
共催・にいがた市民環境会議

消費者協省エネC勉強会2017・8月26日.jpg
写真 正面左・内山教授・右・波多野千代代表

インフォームド・コンセント(説明と同意)は
医師に聞きたいことを整理して伝え説明を求める、
患者の当然の行為となって久しいが、いまだに病状を
うまく伝えることの難しさをその立場で実演実習し、
あらためて痛感した。

今回は、患者と医師の関係を医師の立場、患者の立場で
隣席の方と病状を聞く、話す実習を行った。
そして5W1Hの情報伝達のポイントを学んだ。
(When(いつ)・ Where(どこで)・How(だれが)・
Whot(なにを)・Why(なぜ)・How(どのように))


 その上で、、患者の立場で、また医師の立場で何を
感じたか。役割を交替してどうだったかなど
実演実習し、後で話し合った。

結果、聞き方も、話し方も意外に難しく、
具体的に話すことも難しいことが分かった。
師となると聞き方の意味も難しいなどの
感想も話し合った。

 内山先生から病状をうまく伝えるコツとして
第1は、5W1Hを参考に、自分で優先順位を
決めて話す、具体例を学んだ。

つまり、つから、どこで、誰が、何をきっかけ
として、どこが、どのように、話すかである。
つまり情報伝達ポイントを教わった。

第2は、伝えたいことリスト、聞きたいことリスト
を書き出し、メモを作り、聞きたいことには
優先順位をつけるなどである。

例えば、
@治療の選択肢は他にある?
Aそれぞれの治療の利点と欠点について?
Bこれまでの生活を変える必要性?
C今後どんな症状がでるか?以上の事例に納得した。

 今回の勉強会で、インフォームド・コンセントが
当たり前を再認識した。

今から30数年前、私は体調を崩し、ある病院の診察を受けた。
その時、看護師さんが開いておられた血液検査結果の
カルテを覗いた。

「お医者さんの許可を得ずカルテを
見るとわ何事ぞ(患者のぶんざいでと言わぬばかりに)」
と大きな声できつくたしなめられたことを思い出した。

その時、看護師さんはお医者さんにすごく気を使われている様子を感じた。それほど医師は絶対的存在なんだと思った記憶がある)

医療の進歩は甚大だ。そして今、医師と患者のコミュニケーションを重視する時代である。看護師さんも医師と同等に頑張っておられる姿を目の当たりにしている。

インフォームド・コンセントのとおり、患者の言え分も大切にされる時代になったことを喜ばしく思っているこのごろである。

この講座に新津支部からも多数参加し、なるほど、なるほど、病気情報をうまく伝える5W1Hは、分り易いとお互いに共感を呼んでいた。
考えると、文章でも、説明でもあらゆる情報が、この法則にか適うと実感した。

       (以上 新津支部からでした)

posted by さつきちゃん at 23:01| 新潟 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後期高齢者です、5W1Hに整理されて教えられ
大いに参考になりました、
聴きたい事のリストもなるほど、先生に一任は
ダメとわかりました。有難うございました。
                  大面
Posted by at 2017年09月06日 17:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: