2017年10月17日

平成29年度下越地区研修会

 10月17日西蒲区角田地区で、平成29年度下越地区研修会が角田山妙光寺で開かれた。最近のお墓事情の講演と昼食交流会、交流バザー、カーブドッチのワイナリーの散策など多彩な研修会。特にお墓事情から観た死生について、住職の見解もも含む講演が、参加者の心に大きな課題を持ち込んでいた。

参加者は、下越地区消費者協会8支部から約100人が参加する大盛会であった。
巻支部と白根支部が担当し、有意義な研修が行われていました。

主催・NPO法人新潟県消費者協会
  ・下越地区消費者協会

 冒頭、長谷川かよ子県会長があいさつ。全国でも有名人の小川住職を紹介し、今までアメリカ、韓国など海外数か国で講演され、大好評を得ていると伝えられた。
 この機会に会員の皆様には、先々を考えるよう貴重な機会にしていただきたいなど話され、ご自分も含めて、今日の研修に期待したいと開会あいさつされました。

PA170037.JPG
写真・開会あいさつと講師紹介の長谷川かよ子県会長(中央)

講演は、角田山妙光寺の住職、小川英爾氏が、今までの住職としての相談活動などを通じて確信された説得力のあるお話を実事例をあげて講演されました。
 つまり、お墓からの死生をめぐる人々の生き方の終末課題の具体例を提示し、参加者の心に響くユーモラスな話し方で紹介されました。
PA170074 (2).JPG
写真 死後の世界を比喩し、にこやかに紹介の小川住職

@ 葬送が多様化し、無宗教葬や墓をめぐる家族の問題、墓じまいや、全国組織のセレモニー企業の互助会員の拡大、坊さん派遣会社、大手量販店のイオンも葬儀に参入していることなど実例を挙げ、金額まで具体的に話されました。
その上で、互助会に掛け金などしないように。葬儀は地元の葬儀屋を頼みましょうもう!」などなどアドバイスされました。

A 今日、結婚しない息子や娘、親戚との縁も滞り、家と寺の関係も解体し、家族も家もない一人暮らしの老後、死後の行方など、來生観が見えず、死生観が確立できない中で孤独死もあることなど今日的課題を指摘されました。

B 皆様方は、PPK(ピンピンころり)でと、簡単に話されるが、PPKには、いつでも逝ける準備がいると強調されました。これに対照的なNNK(ねんねんころり)の場合は、準備しながら逝ける利点もあるなど事例を挙げて、ユーモラスに話されました。

Cしかし、「自分で自分の死に方は決められない」。「人に迷惑をかけずに老・病・死を迎えることはできない」など明言され、アドバイスされました。

D最後に、角田山妙光寺は、25坪のゲストハウスを用意して、葬儀などに利用できるように整えました。今日では生前契約書を取り交わし、戒名も渡して葬送からお墓の管理まで行います。他の葬送機関に比べお得な金額できっちりと行っている。もうすでにお墓の申込数は満杯になったと話されました。


PA170025.JPG
写真 広い墓地空間

参加者は、妙光寺の広い空間、たくさんの色づいた木々、山のふもとの個人墓地、整然と建ち並ぶ円形の共同墓石群、この美しい空間に死者の魂が乱舞しているような墓敷公園だと歩きながら「いつでも、散歩に訪れてお参りしたいお墓だよね」と美しい墓地環境に感動していました。

PA170012.JPG
PA170007.JPG
写真 きれいに管理された円形の共同墓石

続いて、角田地区コミュニティセンターで昼食交流、交流バザーを行いました。

写真で見る交流バザーの様子です。手作り品を格安に販売する消費者協会員です。

PA170087.JPG
PA170080.JPG
PA170085.JPG
8支部が、それぞれのブースごとに手作り品などの格安作品を並べ、にぎやかに交流バザーを行い、販売交流課を楽しみました。
  
(以上 新津支部からでした。)












posted by さつきちゃん at 23:45| 新潟 ☀| Comment(2) | 最近のお墓事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急激な高齢化、そして少子化となり何処も同じ様な、課題を抱えて居られる事に頭を抱えます。
皆様良い機会を得られましたと、羨ましい。
                   大面
Posted by at 2017年10月20日 21:07
文字が黒色で投稿しているのに,結果が薄い文字になる、ちょっと解せません、もう一度黒文字で
投稿のテスト遣らせて下さい、失礼をお許し下さい、                大面
Posted by at 2017年10月22日 11:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: