2017年08月18日

私たちの消費(買い物)が未来を変える。(講演とパネルデスカッションから)


8月10日、新潟県民会館で、私たちの消費が未来を変えるを
テーマに基調講演とパネルデスカッションが開催された。
主催は新潟市総務部行政経営課。(新潟市ホームページを参照

基調講演は、元消費者庁長官・新潟市政策アドバイザー
      阿南 久氏
テーマは「かしこい消費(買い物)って何だろう?」

〜地産地消、エコ商品、食品ロス問題から考える。

P8100076.JPG
写真 右・コーディネターの阿南久氏
阿南氏は、.消費生活の相談内容から、2,002年から架空請求の
相談件数が増加。健康食品の送りつけ、電話勧誘販売が増加、
特に在宅認知症の方の被害が多いという(消費者白書)。
トラブルは、送り付け商法、振り込め詐欺、架空・不当請求、
P8100058.JPG点検商法、訪問購入、利縮商法などを啓発、新潟市の高齢者等
安心見守り活動事業を具体的に紹介された。

パネルデスカッション「より良い消費を目指して」
〜地域の暮しと環境を守っていくために〜
コーディネーター阿南 久氏
P8100062.JPG
写真・4人のパネリスト
(左端・新潟市山崎和美会長)

パネリスト
新潟市消費者協会会長 ・山崎 和美氏
    @食品ロス削減への取り組み
JA新潟未来企画組織課長・霜鳥 稔里氏
    @JA食農食育活動〜出前授業(地産地消教育活動)
気軽に省エネくらぶ代表・波多野 千代氏
      @市民と行政の懸け橋に!
新潟小学校教諭    ・森  千恵氏
    @小学校における消費者教育
 最後に山崎会長は、食品ロスは600万トン
そのうち、半分は家庭からのものです。
調査、勉強会など食品ロス削減に取り組んで、
各家庭の意欲的な取り組みからと考えた。
阿南講師は、これには、深い問題があると指摘する。

各パネリストも、自立した消費者の育成、
本当においしい旬の食材、環境、健康へ。
などなど、食と関する日常を家庭から、
地域、日本全体へ、そして地球全体にと述べた。
阿南講師は、大人の食育を考え直す時期である。
「食べ物に対すると敬意が大切」と強調された。
                    (以上 新津支部でした。)


続きを読む
posted by さつきちゃん at 15:23| 新潟 ☁| Comment(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

食べる機能の大切さを学び心をときめかす




8月27日、新潟市横越地区公民館で、
 毎日の消費生活を考える市消費者協会員
など50人が参加して「食べる」を考える
毎日の食行動について再認識した。

主催は、多彩な省エネ活動を実践する
「新潟気軽に省イネくらぶ」
(波多野千代代表)
P8275944.JPG
写真・手づくりのシフォンケーキ(紅茶)を
嚥下実習材に提供、なぜテーマを食の省エネ?に
絞り込んだ?と主催者あいさつ(波多野氏)

講師は新潟大学大学院・内山美枝子先生
テーマは「食べるを考える」で、毎日の
噛む・味わう飲み込む行為と食べる機能
巧妙さを話す。
P8275949.JPG
P8275949.JPG写真 食塊を胃まで移送する食道期説明の内山先生

講座で強調した内容
 @口腔から肛門に至るチューブ(消化管)
  は体外であると説明。但し、
  自律神経の働きなどで、消化液や各種酵
  素の働きが活性化して体内となる。
 Aよく噛んで、唾液と混ぜて味わい飲み込む。
 B噛む筋肉は頬、顎、脳などを活性化する。
 C舌の役割も大切、味覚、唾液、消化酵素は、
  緊張すると、自律神経の働きが落ち、鈍る。
  舌は味を感知し、唾液は舌の下から出る。
 D舌を回す運動で、唾液が増加、自律神経の
  指令をする。舌は左右3回づつ1回15秒間
  動かせば、ほうれい線にも効く(実習した)。
 E噛む能力の低い人は5年後の要介護比率
  1,8倍になった調査事例(北海道)もある
 F食べる機能は訓練で働きやすくなる。
  食べることで自律神経の自己調整ができる。
 G食欲は、視覚・嗅覚・味覚など脳の中枢で
  認知され、海馬で過去の舌触り、味、のど
  ごしなどを予測、扁桃体(判断)に送られる。
 H高齢者は量より質を楽しみ、1日60c蛋白質
  は必須。少量でも食べることを楽しむ食を。
 I口腔に唾液を出す3つの耳下、顎下、舌下線
  は、自律神経系、恒常性を維持し、常に最良
  の状態に維持されている。

@私たちの体は、食べる機能の巧妙さで維持され、
 結果的に毎日の食事と体の管理機能が体を維持。
@食べる機能は、まず噛むことから、自律神経系
 の激で食欲や消化酵素、ホルモンが働く。
@気持ち・心と脳の役割も大切だ!

最後に要注意「同じ種に近いものは
要注意/BSEのような病菌にも」注意

楽しく食べよう!「心土不二」
の食生活で、食の省イネをしよう!
鮮度や・旬、地産地消も省エネだ。つまり体に
効く食べ方が大切「丸ごと皮もいただく」
(ホールフーズ)と栄養バランスもよいという。

60代の女性参加者は、こんな当たり前のことを
今まで知らなかった。
@毎日の食事も、楽しい気分で食欲を高揚し、
血や肉・骨を作りたいと思った。

因みに内山先生は、
@血液は240日で入れ替わる(8か月)。
@骨は1年で入れ替わる。
@脳は数か月で入れ替わる。
を聞いて「なるほど」まだ、間に合うと!!
         
P8275944 (2).JPGおいしいシフォンケーキ
            (以上、新津支部便り)

















続きを読む
posted by さつきちゃん at 21:14| 新潟 ☀| Comment(2) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

消費者協会新津支部活動情報

6月15日、新津駅前の地域交流センターで、新津支部研修会をいたしました。
内容は、薬を正しく使うために、薬剤師の話を聞きました。
参加者は、会員16人で、薬の使い方の話を聞き●✖クイズ形式で、
分りやすく学びました。皆さんが、今日まで、全く知らない事が多く、知識が
不足していることに気づきました。

チラシを使って、薬は、正しく使えば、副作用はでないはずーーーーーか? 
いえ・いえ・どんなに正しく使っても、稀に健康被害を起こす例もある。

しかし、医薬品副作用被害救済制度があることをすべての人に知ってほしいと
説明がありました。詳しくは、「副作用救済」を検索する。
詳しくは、相談窓口・電話番号 0120−149−931
P6185773.JPG

参加者は、とても参考になったと話していました。
posted by さつきちゃん at 22:11| Comment(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする